趣味を広め隊!

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←幻想水滸伝 日記4 →たまには・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
【幻想水滸伝 日記4】へ  【たまには・・・】へ
*Edit
   

幻水

幻想水滸伝 日記5

 ←幻想水滸伝 日記4 →たまには・・・
さて、いよいよテオ戦ですね。
甲冑騎馬隊にはどんな部隊も歯が立たないのでテキトーに戦争をやり過ごします。パーンの一騎打ち前の台詞にはジーンと来ました。一度は坊ちゃんを裏切ったけど自分が何をしたいのか見つけ、それを手放したくないから恩人でもテオ様を戦うって・・・絶対言えない。ということでテオ戦始まりました。いやぁ、案の定テオ様強いですね~。さすが皇帝バルバロッサの懐刀。まぁ、今のパーンの敵ではありませんが・・・
パーンとの一騎打ちが終わると、次はオデッサの忘れ形見火炎槍です。わざわざタイ・ホーとヤム・クーのレベルを36まで上げてアンジー達に挑み仲間にしました。10ターンのうちに倒せでしたか、余裕vvv
気がつけばルック様、レベル4魔法2回使用できるようになってた。ゲームのようにして石鹸を渡し、洗濯娘セイラを仲間にして、カレッカではブラックマンを仲間にし、メロディを仲間に加え漸く秘密工場に着きました。一気に坊ちゃんのレベルが40超えました。恐るべき地方・・・火炎槍も手に入ったし、船も大量にくれたし、城も大きくなったし。城のレベルは終盤なのですがまだ中盤ですよね。だってまだネクロード出てきてないし・・・ヒックスとテンガール仲間にしてないし・・・

そういえば、オパールとか紋章って売れないよねー。ポッチがこの頃不足してんのよね。防具高いし・・・武器鍛えようにも値段が・・・紋章片見つかんない・・・
是非ともルックには旋風の紋章、フリックに雷鳴の紋章を付けたい。また、幻想水滸伝1では額とか右手とか左手に紋章を付けられなかったんだね。

さて、まるっきり初書きになりますクレオさんですがとっぱじめからカラーです。ちょっとグレミオノ事件後なのでシリアスな表情をして頂きました。

クレオ
関連記事
スポンサーサイト



もくじ   3kaku_s_L.png   幻水
【幻想水滸伝 日記4】へ  【たまには・・・】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
【幻想水滸伝 日記4】へ  【たまには・・・】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。