趣味を広め隊!

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←幻想水滸伝 日記2 →幻想水滸伝 日記4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
【幻想水滸伝 日記2】へ  【幻想水滸伝 日記4】へ
*Edit
   

幻水

幻想水滸伝 日記3

 ←幻想水滸伝 日記2 →幻想水滸伝 日記4
さて、昨日の続きです。結局寝オチしちゃいましたvvvすみません。

キルキス君が倒れているところからでしたね、倒れ方がテッド君と変わらないことに微笑。
キルキス君って使いやすいよね。
キルキス君がパーティーに加入して大森林を抜けてコボルトの村に着きます。ここでクロミミ君登場!いつ見てもゲンゲン隊長を思い出す。懐かしい・・・エルフの樹に着くとバレリアさんが投獄され、坊ちゃん一行も投獄、スタリオンに出会って坊ちゃんの周りを走り回り速さをアピールしてました。ちょっと可愛いよね。さて、ドワーフのところに着くと村長から金庫内にある流水棍を取ってこいって挑発を受けました。なので、金庫内であらゆるものをフルボッコにして帰ってきました。おかげさまでポッチをレベルが上がりましたvvv話変わって、光ってからシルビアを連れて木から逃げるってスタリオンの足の速さは数秒間で何処までいけるのでしょうか?
ルワンダ・ロスマン氏がとても弱かった。しかし、一騎討ちは楽しかった。
ちなみに、大森林を抜ける時までパーティーにルックがいました。しかし、バレリアさんが加入するのでルックには抜けてもらいました。


ルック

きっと怒ってるよね。
関連記事
スポンサーサイト



もくじ   3kaku_s_L.png   幻水
【幻想水滸伝 日記2】へ  【幻想水滸伝 日記4】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
【幻想水滸伝 日記2】へ  【幻想水滸伝 日記4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。