趣味を広め隊!

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←久しぶりの幻想水滸伝 日記1 →幻想水滸伝 日記3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ   3kaku_s_L.png   スポンサー広告
【久しぶりの幻想水滸伝 日記1】へ  【幻想水滸伝 日記3】へ
*Edit
   

幻水

幻想水滸伝 日記2

 ←久しぶりの幻想水滸伝 日記1 →幻想水滸伝 日記3
はー、大分進みました。

驚きの進み具合ですので、2つにわけます。長くなるもん・・・

さてさて、坊ちゃん一行はビクトールに助けられてグレッグミンスターを後にしました。
ホントいつもいつもビクトールの口車には感心します。グレミオは怒りそうですけれどvv
そんでもって、レナンカンプに到着して、オデッサに出会って、ようやっと青臭いあの青年と会いました。
相変わらずの青雷さんですねー。一人で有名と言ってしまった。恥ずかしいけど若さを感じるね。
その後急ピッチでことは進み、オデッサが死んで、川に流され、クワバの城塞を通るのにグレミオが無理に粗ぶって見せたり、クレオの偽名マリア宣言してみたり、何気にビクトールの息子になってしまったラインバッハ4世がいたり・・・などなど、セイカに着くころにはレベルも上がりました。だって、カクの村とか、大森林とか、コウアンとは行きたいんだもん。しまいにゃ、この時点で武具をコウアンで揃えるのにポッチを貯めねば・・・頑張ったよvさて、マッシュも仲間にしたし、城も手に入れたし、いよいよ仲間集めかと思いきやレパントを勧誘せよって・・・なぜか必死にタイ・ホーとか、ヤム・クーとかカミーユとかのレベルを上げていた。記憶上にレパントの屋敷内はからくり兵が強かった気がして・・・なんだかんだで屋敷の中は結構ねばった。ルーレットの?を2回目以降に当てた時の運の紋章片を手に入れたいがために。そして、その紋章片を青雷に付けたいがために。だって、あの運の無さは異常だと思うよvvv
レパントのイベントが済み、妻アイリーンも仲間に出来たし、パーンが戻ってきたしやっとツンデレルックが登場したしで、嬉しさ満載vvvルックに関してはパーンの厄介払い宣言を聞こえていなくて良かった。聞こえていたら今頃パーンは・・・テオ戦を迎える前に死亡するところであった。
とはいえ、ルックはなぜにSレンジなのだろう??どう考えてもLレンジだろう?防御力の数値面であまりに低いため前線に立たせられない・・・後方でただ突っ立ってるか、紋章を使うかしか無くないでしょうか??

さて、2部の方ではキルキスが倒れていた・・・から始まります。
関連記事
スポンサーサイト



もくじ   3kaku_s_L.png   幻水
【久しぶりの幻想水滸伝 日記1】へ  【幻想水滸伝 日記3】へ
   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
【久しぶりの幻想水滸伝 日記1】へ  【幻想水滸伝 日記3】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。